FC2ブログ
フットワークが軽いでおなじみ星野です

寒い日が続いていますね
2月は代謝の低い方にとっては一番嫌な季節ですよね

とはいえ先日、久しぶりに映画館で映画を観てきました
特にこれが観たいと思う映画があるから行ったのではないですが

観たのは、「ゼロ・グラヴィティ」です。
女性研究者が宇宙にひとりで放り出されるという、一言でいえばそれだけの映画です

正直言って、果てしないなというのが感想でした。
たった一人(宇宙服のみです)で宇宙に取り残されて、酸素はあと5%くらいしか残っていないし宇宙ステーションは遠いし。

知識はないながらも大気圏に突入するときには、なんだかんだすごいエネルギーが発生するらしいことは
知っているので、いったいこれでどうやって地球に戻るんだろう?
と、ずっと息が詰まっていました

制作者の狙いとしては成功だったんでしょうか
観た後にスカッと爽快、というわけでもなく、特別嫌な気分になるということもなく不思議な後味の映画でした
スポンサーサイト

【2014/02/21 17:56】 | 未分類
トラックバック(0) |